menu-icon

Ubuntu 18.04にNode.jsをインストールする

Ubuntu 18.04では、Node.jsをaptでインストールする際、普通に標準のリポジトリを使用すると、バージョンが古いです。NodeSourceリポジトリを追加して、現在の推奨バージョンである12をインストールします。

デフォルトのリポジトリの場合

まず、何もせずにNode.jsをインストールしてみます。

$ sudo apt install -y nodejs

これでnodenpmコマンドがインストールされます。バージョンを確認すると、

$ node -v
v8.10.0

古いですね。さすがに使えないです。ということで、削除しておきます。

$ sudo apt purge -y nodejs

NodeSourceリポジトリを追加してインストール

NodeSourceリポジトリを追加するのですが、2020年6月現在の推奨版は 12.18.0なので12系のリポジトリを追加します。

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_12.x | sudo -E bash -

推奨版ではなく、最新版の14系が使いたい方は、以下のコマンドで14系のリポジトリを追加してください。

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_14.x | sudo -E bash -

リポジトリを追加したら、もう一度aptでインストールしてみます。

$ sudo apt install -y nodejs

バージョンを確認します。

$ node -v
v12.18.0

バージョン12.18.0がインストールできました!