menu-icon

UbuntuでGoogleドライブをマウントする

普段、データの保存にGoogleドライブを使っています。Windows環境だと「バックアップと同期」を使ってローカルの感覚で扱えていました。ところがUbuntu向けには、そのようなアプリケーションは提供されていません。毎回ブラウザからアクセスするのも不便なので、なんとかできないか調べ、以下のgoogle-drive-ocamlfuseを使って、マウントして使うことにしました。

astrada/google-drive-ocamlfuse

導入

公式のドキュメントに従いました。

$ sudo add-apt-repository ppa:alessandro-strada/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install google-drive-ocamlfuse

設定

インストールしたらアカウントの設定を行います。

$ google-drive-ocamlfuse

これでブラウザが開いて、Googleアカウントでのログインを要求されます。使用したいアカウントでログインします。

Google アカウントでのログイン

ログインすると、アクセス用の情報は~/.gdfuse/default/に保存されます。

マウント

マウント用のディレクトリが存在しない場合、用意しておきます。

$ mkdir ~/GoogleDrive

マウントしてみます。

$ google-drive-ocamlfuse ~/GoogleDrive

GoogleDriveがマウントされているのが判ると思います。

これでブラウザを経由せずにGoogleドライブが読み書きできるようになりました。

複数アカウントの使い分け

labelオプションを使うと複数アカウントのドライブを同時にマウントできます。

設定

anotherというラベルで設定を作成します。

$ google-drive-ocamlfuse -label another

対象のアカウントでログインした後、~/.gdfuseanotherディレクトリが作成されていることが確認できます。

$ ls ~/.gdfuse/
another  default

マウント

anotherラベルで設定しているアカウントのGoogleドライブをマウントします。

$ google-drive-ocamlfuse -label another ~/AnotherDrive

まとめ

UbuntuでもGoogleドライブを便利に使うことができるようになりました。複数アカウントの使い分けも簡単にできるので色々捗りますね。